クロス通信「ページ移転のお知らせ」

クロス通信のページが下記URLに移転いたしました。
新クロス通信

今後、こちらのページにて、
クロス通信の更新をしていきます。

クロス通信をお気に入りやブックマークに登録されている方は、
お手数ではございますが新クロス通信の
URL登録の追加をお願いいたします。

クロスリテイリング株式会社

トレードで勝つための“3つの目”

こんばんは。
クロスリテイリング株式会社
コンテンツ・ディレクション部の上村です。

あなたは“3つの目”って知っていますか?

これは経営や勉強、
そしてFXでも欠かせないものなんです。

▼1、鳥の目
(高いところから全体を把握する目)

▼2、虫の目
(ターゲットを絞ってピンポイントで部分的に把握する目)

▼3、魚の目
(全体の流れを把握する目)

この“3つの目”を意識することが、
トレードで勝つために必要になってくるんです。

そこで“3つの目”がトレードでどのような部分に当てはまるか
少し見ていきましょう。

まずは、こちらから。

▼1、「鳥の目」

高いところから広い視野を持って、
全体を見ていくための目です。

鳥の目は、チャート全体を把握するために必要です。

チャートパターンの把握や、
サポレジラインがどこに引けるかということ、
トレンドが発生しているポイントはどこかなどですね。

このようにチャートを見て、
どのような状況かを判断することを最初に意識してみましょう。

▼2、「虫の目」

虫の目は地に面した低い位置にいるからこそ、
ポイントを絞って深く見ていくための目です。

鳥の目で全体を把握したあと、
虫の目で細かいところを見ていき、

チャート全体の状況を把握したら、
今度は部分的に見ていくことになります。

現在の価格や
直近のローソク足から高値・安値の判断をすること、

引いたラインに対して
どのように相場が動いているかという部分です。

全体を把握したあとに、
じっくりと徹底的にそのポイントを検証していきます。

▼3、「魚の目」

魚は目に見えない、川の流れを感じ取ります。
全体の流れを感じる目、
つまり、表面上なことではなく、総合的な流れを見るということです。

これは1つの時間足に固執するのではなく、
複数の時間足を見てみたり、
経済指標などによる国情の把握など。

画面ではチャートは機械的に動いているように見えますが、
チャートはただなんとなく動いているというわけではありません。

相場の動きは「買いで入ろう」「売りで入ろう」という、
取引に参加しているトレーダーの気持ちや考え、
たくさんの人の心理が動かしているものなんです。

注目している相場が
どんな理由でどの方向へ進んでいるか
ということも意識していけるといいですね。

大きなところだけを見ても良くないですし、
「木を見て森を見ず」ということわざのように、
細かいところだけを見ても、全体が見えなくなってしまいます。

▼1、鳥の目

▼2、虫の目

▼3、魚の目

この“3つの目”を意識することで、
相場全体と細かい部分的なところ、
そして経済指標などの直接的に見えない部分である相場の流れといった、

色んな視点から相場を見ることになりますし、
その分、多くの情報を得ることが可能になります。

トレードで勝つためには情報はとても大切なことです。

もっと良いトレードができるようになると思いますし、
ぜひ、“3つの目”を意識して、
勝ちトレーダーを目指してください(^^)

それでは、今回もここまでお読みいただき、
ありがとうございました。

また次回、
お会いしましょう!

P.S
450件突破!
クロスリテイリングのニュースもお伝えしているので、
ぜひ「いいね」を押していただければと思います!

▼クロスリテイリング株式会社 公式Facebook▼
Easy Trade FX
☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

1番良い“お問い合わせ”の方法って?

【お知らせ】
FXで日本一の自由を手に入れた男!?
ほとんど機械化されて、設定してしまえばほったらかしでOKの
トレードロジックをついに一般公開します。

Easy Trade FX
—————————————————————

こんばんは。
クロスリテイリング株式会社
コンテンツ・ディレクション部の上村です。

弊社では良質なコンテンツと共に
良質なサポートをお客さまに行えるように力をいれています。

いきなりですが、
あなたが普段、弊社にお問い合わせいただくときのことを
思い出してみてください。
(もしお問い合わせをしたことがない場合は、
 どのようにお問い合わせするかを想像してみてください)
 
 
あなたが疑問に思ったことを、
どのように質問しているのかを・・・。

考えていただけましたか?

では、例として、

「ドル円がレンジ相場を形成しやすい理由」について質問したいときに、
あなたは次のどちらでお問い合わせをしようと思いますか?
 
 
▼A:「なぜ、ドル円はレンジ相場になりやすいのですか?」
 
 
▼B:「ドル円がレンジ相場になりやすいのは、
    日本とアメリカの貿易の関係上、流通量が多くて
    一方向に偏りにくいからですか?」

実はこのどちらかで、
あなたのスキルアップが早いかどうかわかるんです。

弊社ではこれまで何万通というサポートを行なってきて、
Bのような質問をされる方の方がスキルアップが早い、
という傾向があることがわかったんです。
 
 
一見Aの方が簡潔でわかりやすそうに見えるかもしれませんが・・・、
Aでは、会員さまがどこまで把握していらっしゃるか、
また、どういった考えを持っていらっしゃるのか、
が正確にわからないのです。

1~10までを細かくご説明させていただくことも可能ですが、
それ相応のお時間をいただいたり、

会員さまが本当に必要な返答をお届けできるまで、
何度もやり取りが必要になることもあるんです汗
 
 
一方、Bでは、質問というよりも答え合わせのように
お問い合わせをいただいていますね。

そのため、会員さまがご理解している範囲を、
サポートスタッフとしてもすぐに把握させていただき、

ご理解が異なる点や不明点に
焦点をあてて、的確に回答をさせていただきますので、
会員さまが本当に欲しい情報をすぐにお届けすることができるんです。
 
 
また、Bでは自分で考えて、
一度答えを出しているご質問の形です。

先週のちょこっとコラムでJinさんが話していたように、

「頭を使う」

ということがご自身の成長にも繋がります。

▼ちょこっとコラム「2015年に前進するための“成長術”!」
ちょこっとコラム
(よかったらこちらもお読みください!)
 
 
・お客さまがご理解している範囲をすぐに把握できるので、
 ご質問への回答が迅速に行える。

・不明点、疑問点に焦点を当ててご回答させていただくことが可能なので、
 お客さまのご理解も深まりやすい。

・疑問点について一度お考えいただくことで、
 ご自身のスキルアップが早くなる。

Bの形でご質問いただけると、
このような利点につながります。

とことん考えたり、調べたりすることが、
知識や情報が重要なFXでは大切なことです。
 
 
「自分の答えが間違っていたらどうしよう・・・」
 
 
なんてことは
気にしなくて大丈夫です!

それは弊社のサポートスタッフをうまく活用して
答えあわせをすればいいんです。

ご自身で考えたり、とことん調べたりすることが
早いスキルアップには重要なんです。
 
 
いきなり答えを求めるか、
一度自分で考えてその答え合わせをするか、

たったこれだけの違いで、
スキルアップの差が段違いになることがわかってきました。
 
 
これからトレードをしていくなか、
分からないことはどんどん出てくると思います。

そんなとき、
ぜひ、一度充分に調べ、考えぬいて、
ご自身なりの答えを見つけてみてください。

そして、その答え合わせという意味を込めて、
弊社にお問い合わせいただければと思います(^^)

あなたの疑問点について、ご満足いただけるように、
迅速かつ丁寧にお答えさせていただきます!
 
 
今回は、「お問い合わせのコツ」について
お届けさせていただきました。

それでは、
また来週、クロス通信でお会いしましょう!
 
 
P.S
Facebookも順調に更新!
もうすぐ「いいね」450件!

▼クロスリテイリング株式会社 公式Facebook▼
Easy Trade FX
☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

サブコンテンツ

このページの先頭へ